CDD Vault 更新(2020年XNUMX月):API経由でファイルを作成および削除し、シングルサインオン(SSO)を使用して CDD Vault

CDD Vault ロゴを更新
2019年7月12日

CDDは、すべてのお客様の安全で幸せな夏を願っています。

CDD Vault APIで添付ファイルのGET、POST、DELETE呼び出しを許可

CDD Vault ユーザーは、内のさまざまなオブジェクトにファイルを添付します CDD Vault プラットホーム。 これらの添付ファイルは 取り戻した or 削除された ビア CDD Vault アプリケーションプログラマブルインターフェイス(API)。 さらに、API呼び出しを使用して、ラン、プロトコル定義、および分子に新しいファイルを添付できるようになりました。 例として、次のAPI呼び出しを使用してRun of Protocolにファイルを添付できます。

POST /api/v1/vaults/<vault_id>/files
curlコマンドの例は、ファイルをラン、プロトコル定義、および分子に添付する方法を示しています。
curl -H "X-CDD-Token: $TOKEN" -X POST --form
"[email protected]:\files\<file_name>" --form "resource_class=run" --form
"resource_id=<run_id>"
"https://app.collaborativedrug.com/api/v1/vaults/<vault_id>/files"
注:POSTファイルAPI呼び出しで許可されるresource_class値は、実行、プロトコル、または分子です。 上記のcurlコマンドは次の結果を返します。
{
"id": "1069448044"
"name": "<file_name>"
}
ご覧ください CDD Vault サポートポータル ナレッジベース記事 詳細については。

CDD Vault シングルサインオン(SSO)認証をサポート

CDD Vault これで、顧客のシングルサインオン(SSO)ソリューションを使用するように構成できます。 有効にすると、従来のパスワードベースのログインが CDD Vault すべてのユーザーに対して無効になっています。 お客様はユーザー認証を完全に制御できます。SSOソリューションを構成して、IP制限、第XNUMX要素の課題、物理的なセキュリティキーなど、必要なあらゆる制御を実施できます。

CDDからチームに必要なもの

  • エンティティID:
    https://app.collaborativedrug.com/
  • アサーションコンシューマサービス(ACS)URL:
    https://app.collaborativedrug.com/user/saml_authentication

チームがCDDに必要なもの–アイデンティティプロバイダー(iDP)を構成するため

SSOを有効にするには、ユーザーは所属できません CDD Vault別の会社が管理しています。 すべてのユーザーは、会社のSSOシステムによって認証される必要があります。 複数の会社が管理するVaultにアクセスするには、追加のユーザーアカウントが必要です。