CDD Vault 更新(2020年XNUMX月):エンティティに新しいデフォルトのイメージでラベルを付け、自動生成されたバッチ識別子を利用し、API経由で実行を変更

CDD Vault ロゴを更新
2020年9月15日

デフォルトの画像でエンティティを識別する

CDD Vault ユーザーは、化学構造を持たないレコードを登録できます。 これらの非構造レコードに使用されるデフォルトの表示イメージは次のとおりです。

デフォルトの構造なし画像

小分子以外のエンティティを保存する人気の高まりを考えると CDD Vault、CDDはさまざまなタイプのエンティティを識別するために使用できるさまざまな画像を提供します。

他のエンティティタイプの画像

CDDサポートにより、Vaultごとにイメージを設定できます。

注目すべきヒント

  1. ユーザーは、これらの代替画像のXNUMXつを使用して、 CDD Vault.
  2. Vault管理者、メールしてください CDDサポート それぞれに設定する画像を教えてください CDD Vault あなたのアカウントに。

CDD Vault 分子バッチ識別子を自動生成

分子のバッチを登録するとき CDD Vault 登録システムを使用して、バッチレベルの識別子が自動的に生成されるようになりました。 このIDは、プレートのクエリ、登録、およびプロトコルデータのインポート時に使用できます。

分子バッチIDを示すスクリーンショット

注目すべきヒント

  1. バッチレベルのフィールドはデフォルトで「分子バッチID」という名前ですが、Vaultが「分子」または「バッチ」に別の用語を使用している場合、この新しい一意の識別子は、 CDD Vault.
  2. この「分子バッチID」の形式は、分子名-バッチ名です。 たとえば、分子ABC-002のバッチ0000123には、ABC-0000123-002の新しい「分子バッチID」値があります。

APIを介して実行を変更する

既存のプロトコル実行は、PUT実行API呼び出しを使用して変更できるようになりました。これにより、ユーザーは実行のプロジェクトの関連付けと日付、個人、ラボ、および条件フィールドを更新できます。

    PUT / api / v1 / vaults / <vault_id> / runs / <id>

このPUT Runs API呼び出しでサポートされるパラメーターには、project、run_date、person、place、conditionsがあります。 このサンプルAPIコマンドは、既存のRunを更新する方法を示しています。

    PUT "https://app.collaborativedrug.com/api/v1/vaults/ <vault_id> / runs / <id>"

次のJSONパラメータを含めます。

    {"project": "New Project"、 "run_date": "2020-09-14"、 "conditions": "New Condition"、 "place": "New Lab"、 "person": "New Person"}

詳細については、 PUT Runs APIナレッジベース 記事。