COVID Moonshot - CDD Vaultは、治療法を見つけるための世界的な取り組みをサポートしています。

結晶構造像

グローバルな課題に直面した真の意味での共同創薬研究のパラダイム

COVID Moonshotは、COVID-19の抗ウイルス剤を迅速に開発することを目的としたグローバルコンソーシアムである。Drug Discovery Worldは最近、ダイヤモンド・ライトソース、オックスフォード大学、UCBファーマ、エナミン、メドケミカ、ケンブリッジ大学、PostEra、ワイツマン研究所、テンプル大学、メモリアル・スローン・ケタリングがんセンター、インペリアル・カレッジ・ロンドン、ベーリンガー・インゲルハイム、SAIライフサイエンスなどの組織が、最新のパンデミックに対処するための新しい治療法の発見に向けて一致団結して努力していることを強調した記事を発表しました。

CDD Vault 情報学プラットフォームの協調性は、創薬プロセス全体を通して情報を収集するこの種の大規模で分散型の共同研究に理想的であることが証明されています。CDD Vault は、異なるソースからの化学的および生物学的データを保存し、整理することができます。中央集権化された単一の真実のソースを持つことで、分散したチームがリアルタイムで情報を分析し、共有することが可能になり、進捗を加速させ、成功の可能性を高めることができます。

記事全文を読む "COVID-19抗ウイルスレース:私たちはみんな一緒です"

データ連携戦略

以下のビデオでは、オックスフォード大学のリズベ・ケケモアー博士が、プロジェクトチームがCDD Vaultのインフォマティクス・プラットフォームを活用して、複数の国際的なパートナー間で効率的にデータを保存、管理、共有する方法を説明しています。

CDD Vaultについて

CDD の主力製品である CDD Vault® は、化学物質の登録、構造活性関係(SAR)の管理、および安全なスケールの共同研究に使用されます。CDD Vaultは、生物学的および化学的データの安全な管理と共有のためのホスト型データベースソリューションです。それはあなたが直感的に化学構造と生物学的研究データを整理し、使いやすいWebインタフェースを介して内部または外部のパートナーと協力することができます。CDD Vault内で利用可能なモジュールは、アクティビティ&登録可視化インベントリ、およびELNが含まれています。